太陽の光を浴びると気分がいいです

朝起きて、太陽の光を浴びると気持ちいいですよね。すっきりとして背筋が伸び、眠気がスッと引いていきます。

調音パネル - ヤマハ株式会社

天気の悪い日が続いたり、あまり外に出ない生活が増えると、ウツウツとした気分になって不安を覚えませんか、ストレスが溜まりやすく抑うつ状態になってしまうのです。梅雨の時季に、ため息が続いたり、気が滅入ったりするのも、日光に当たる時間が少なくなるためだと言われています。

オプション > コントロールパネル - GOM Player【ゴムプレーヤー】

太陽の光は、人の精神状態にとても大きく関係しているのです。天気が悪かったり外にでないと、気分が落ち込んだり、鬱っぽくなるのも、太陽の光を浴びていないことが原因です。これは脳内神経伝達物質である、「セロトニン」と呼ばれるものが減ってしまうと、不安感や抑うつ気分が高まってしまいます。逆に朝起きて、陽の光をたっぷりと浴びると、このセロトニンの分泌が増えるため、脳が活性化し、不安感や憂うつな気分が解消されます。

宮城 太陽光発電

よく、鬱っぽい気分になったり、疲れが溜まりやすい人は、昼夜逆転生活をしていないでしょうか。きちんと睡眠をとっているとはいっても、夜に起きて昼間眠っていたら、太陽の光を浴びることは出来ません。煌々と蛍光灯を光らせていても、せいぜい500~1000ルクスがよいところです。セロトニンの分泌を活性化させるためには、せめて2500ルクス以上はなければ期待どおりにはなりませんので、やはり昼間には起きて、太陽の光を十分に浴びるべきといえます。

太陽の光を浴びると気分がいいです