こんな私でもお見合い相手が果たしているのでしょうか

思い起こせば中学受験の時から、私は運に見放されていたと思います。チャレンジ校と適正校と滑り止め校、午前午後合わせて全部で7校も受けたのに、偏差値が10近く低かった滑り止めさえ落ちてしまいました。母親はそれはもう半狂乱になり、塾にどなりこんで騒いだりしたのですが、当の私はショックで二次募集すら受けに行く気になれませんでした。



そこで諦めて地元の公立中学に通い、高校受験でリベンジするかと思いきや、中学受験で情熱を使い果たしてしまった私には、もう力は残っていませんでした。県立高校には成績が届かず、受ければ誰でも入れそうな私立高校に進み、かろうじてその中では真面目に頑張り、指定校推薦でなんとか二流の女子大学に進学しました。

TOP < シリアの花嫁

二流女子大ですから就職は良いところがあるはずもなく、縁故がある者はさっさと就職を決めて残りの学生生活をエンジョイしていましたが、私は最後まで鈍くさいリクルートスーツを着て駆けずり回っていました。そんな私を雇ってくれたのは地元の事務機器メーカー。私にお似合いの地味な職場です。そしてあっという間に古株女子社員となり、そろそろ結婚はと肩を叩かれるのですが、全くあてもありません。経理のおじさんなどはお見合いを勧めてくれるのですが、こんな私でもお見合い相手が果たしているのでしょうか。



ここぞという時に実力を出せず、いつも目立たず地味で、無害だけれども人に良い影響も与えない。そんな紹介しかできない私が望んだところで、お見合いなんてうまくいくとは思えません。実家の母親もとうに私のことは諦めて、お友達と温泉旅行などを楽しんでいます。私はこのまま、一生一人で終わるのでしょうか。

こんな私でもお見合い相手が果たしているのでしょうか