病院の薬剤師について

入院するほど大きな病気や手術などをしたことがあるでしょうか。普段体調が悪くなったり、大怪我をしたりして病院にいくということはあるにしても、入院するほどとなると中々無いのではないでしょうか。女性の場合、出産などと言う事になれば入院と言うのを体験するとは思いますが、男性の場合は余程何か無ければまず入院と言う事は無いと思います。普段健康な人ほどいざ入院となってベットの上で一日の大半を過したり、病院食を食べて、決められた起床・消灯時間のリズムで生活をしたりするだけで気が滅入ってしまうということも少なくないかと思います。



そんな中で入院中の体調や病状を管理してくれるのが、医師、看護士、栄養士そして薬剤師になるともいます。なぜ薬剤師と思うかもしれませんが、実際入院生活を送っていると定期的に薬が処方されて、決まった時間に届けられます。この薬の管理や調剤をしているのが病院内の薬剤師になります。

香川県 医薬品販売制度のページ

もちろん検査であったり、検温、見回り、食事での栄養管理も重要ですが、早く回復したり、術後の痛みを緩和させたりという要素の面倒を見てくれるのが、薬剤師になります。薬が嫌いと言う人にとっては、もうちょっと数を減らしてくれればいいのに、飲みやすくしてくれればいいのにと、ボヤキたくなるようなものかもしれませんが、これも早く退院するために非常に考えられたものであることを考えれば、感謝こそすれボヤク訳にはいかないものではないと感じられるのではないでしょうか。

OTC(一般)医薬品の購入方法|トモズ?アメリカンファーマシー?株式会社住商ドラッグストアーズ

薬剤師の側にとっても、この薬がどのように効いていくのかと言う長期での効果を見極めれると言う点では、良い知見を得る体験となるのでしょうから、そういった経験を元にもっとすばらしい薬剤師となり、次の患者さんへ反映できると言う貴重な積み重ねになっているのではないかと思います。そう考えれば、患者にとっても、薬剤師にとっても病院内にこうした存在がいると言うことが非常に有益だと言う実感をもって、ありがたいと感じることが出来るのではないでしょうか。

病院の薬剤師について