塾通いを決めたのは好きな彼女と一緒にいたいから

僕は今、付き合って二年になる彼女と一緒に学習塾に通っています。僕たちは現在、高校二年生で、いよいよ来年は大学受験という状況にいるのです。そのため、二人ともなかなか遊ぶ時間を作ることもできませんが、それでも何とか大好きな彼女と一緒にいたいと考え、塾通いを決めました。

平成25年度柔道夏期講習会

しかし、本来僕はとっても勉強が苦手・・・というか、きらいです。高校に入るときも、その時はまだ友だち関係だった今の彼女に、スパルタで勉強を見てもらい、何とか合格したような有り様です。当然、今回の塾通いも、気を抜けばサボり癖が顔を出してしまい、そのたびに彼女に怒られています。

TBSアニメーション・けいおん!!公式ホームページ / 各話紹介

そんな僕ですが、塾に通いようになり、少しづつではあるものの、成績が上がり始めたのです。彼女も「やればできるじゃん!」と、我がことのように喜んでくれています。



ただ問題なのは、同じ塾に通っているのはいいんですが、彼女とクラスが分かれてしまったこと。あの子は僕などよりも数段成績が良く、結果、特進クラスと呼ばれるような位置にいるのです。
「あんたも早く、私と同じクラスに来なさいよ」と彼女は言いますが、さすがにそれは難しい状況です。せめてあの子と同じ大学に行くための成績を身につけようと思い、今は必死に頑張っています。

塾通いを決めたのは好きな彼女と一緒にいたいから