解体機を華麗に乗りこなす父

私の父は自動車解体業を生業としています。雇われでの仕事になりますけれど、昔から勤めていますのでかれこれ20年はキャリアがあるでしょうか。父が言うには自動車解体という裏方のような地味な仕事も、時代の流れと共に様々な変遷があり、その業態も大きく変化したと言っています。特に父は解体業において解体機を使用する役割を持っていますので、その機械の進化などを目の当たりにしてきたこともあり、そのような発言に繋がったのでしょう。

様式集[再資源化等報告書]

父はそれだけのことを言うだけあって、やはり年齢と共に積み重ね上げられた技術も持ち合わせていますので解体機も華麗に乗りこなします。たまに職場へ遊びに行った時は、クレーンの先端に大きなハサミのようなものがついている解体機を運転していることが多いです。この先端のハサミが、自分の手で直接動かしているようなしなやかな動きで車を解体していく様は、素人目に見ていてもさすがだなと思うほどなのです。

廃車 買取

解体機の先端のハサミは今でこそこれだけのしなやかな動きができるけれど、一昔前ではこれだけの動きもできなかったし廃車を切る強度も弱かったから操作するのは大変だったとのことです。それはやはり解体機そのものの性能が進化したことがあるのでしょう。それに加えて、このような解体機を使用することで、人の手だけで解体するのに比べてかなりの台数の車を効率よく解体することができます。それは一重に解体機だけの力ではなく、父の技術のたまものでもあるでしょう。

グリーン購入 | 愛知県

これだけ解体機を華麗に乗りこなす父ですから、会社の中でも重宝されていることでしょう。地味な仕事かもしれませんが、ここまで仕事をする父は素晴らしいと思います。

解体機を華麗に乗りこなす父